メイドインジャパン

メイドインジャパン

 

日本には縫製業を営んでいる家内手工業の職人さんがたくさんいます。みなさん60代以上ですが元気で、まだまだ社会に役立ちたいけど、仕事が減っているのが現状です。

まだ働きたいのに、新型コロナウイルスの影響で仕事が減れば辞めざるを得ない、経歴40年以上の熟練の職人さんを目の当たりにして、マスクブランド MASKme/マスクミー を2020年5月に立ち上げました。

国内で販売している洋服の海外製品の割合(輸入浸透率)は2017年が97.6%、2018年では97.7%…。つまりメイドインジャパンの洋服はたった2.3%で、しかも毎年ジリジリと減っています。

戦後を支えた繊維産業ですが、腕の良い職人さんが途絶えてしまうかもしれません。日本の元気な腕のいい職人さんが、また張り切ってミシンを踏んでいる姿を蘇らせたい!より多くの方にメイドインジャパンを愛用してもらいたい!そんな想いでこのプロジェクトは始動しました。 

縫製職人さんにはそれぞれ専属があります。コート&ジャケット、シャツ、デニム、ニットなど異なる分野の職人さんたちに参加していただけるよう、厚手ミシンでも薄手ミシンでも可能な仕様にしました。試作の数は100枚を超えています。こだわったものづくりが出来るのも、日本の職人さんたちがいるからこそです。私たちは、経歴40年以上の信頼のおける小規模の職人さんたちとの直接のお付き合いを大事にしています。

マスクミーは悪いものを隠すものではなく、着けることで気持ちが上がる、ココロを元気にする、そんなプロジェクトです。